1万円から1億円に増やす!!宝くじ銘柄で億り人になろう 前編

宝くじ銘柄はこれから投資を始めようという投資初心者の方でも簡単に始められる投資方法です。
宝くじ銘柄では1万円の投資で1億円を得ることも不可能ではありません。

本記事では宝くじ銘柄の概要と、メリット・デメリット、そして投資の始め方を紹介します。

宝くじ銘柄とは

宝くじ銘柄の正式名称は米国VIベアETFといい、最初に1万円を投資して、その後は放置して待つだけで大きな利益を得ることを目的としています。

宝くじ銘柄は複利効果があるので、時間の経過とともに利益が増える投資方法です。

複利とは、元金によって生じた利子を次期の元金に組み入れる方式であり、元金だけでなく利子にも次期の利子がつく。したがって、各期の利子が次第に増加していく。

Wikipedia
単利と複利の違い 引用:AllAboutマネー

宝くじ銘柄のメリット

  • 初心者にもわかりやすい
  • 管理の手間がかからない
  • 投資額以上の損失がない

それぞれを詳しく解説します

初心者にもわかりやすい

最初に1万円を投資して、あとは時間の経過とともに利益が大きくなるのを待つだけなので、投資上級者でも初心者でもパフォーマンスがほとんど変わりません。

管理の手間がかからない

最初に投資をした後はほったらかしなので、仕事や勉強が忙しい方や、投資の勉強にあまり興味がない人でも気軽に始めることができます。

投資額以上の損失がない

宝くじ銘柄では、1万円を投資した場合の最大の損失は1万円です。

2018年初頭のVIXショックで減価が生じましたが、過去30年近く、それ以外で大きな減価は発生していません。

宝くじ銘柄のチャート 引用:yahoo finance

VIXショック後は底値域で推移しており、上昇余地が大きいと考えられています。

宝くじ銘柄のデメリット

利益が出るまで時間がかかる

宝くじ銘柄は複利効果によって利益が増える超長期投資なので、すぐに大きな利益をあげたい人には向いていません。

宝くじ銘柄では「時間」が最大の武器となるので、じっくり待ちましょう。

宝くじ銘柄投資の始め方

GMOクリック証券のCFD口座でのみ購入することができます。

口座開設ページにアクセスすると、GMOクリック証券のCFD口座開設の際に「投資に関するご質問」というアンケートがありますが、回答によって口座開設ができないので、以下の画像のように回答してください。

投資に関するご質問 模範回答例

その他にも以下の2点の質問が、悩む方が多いので解説します。

特定口座は開設したほうがいいのか?

CFD口座では特定口座は関係ないので宝くじ銘柄投資をする上ではどちらでも構いませんが、他の投資をするために証券口座が欲しい場合は「源泉徴収あり」を選択すると便利です。

ネット銀行口座は開設したほうがいいのか?

こちらも宝くじ銘柄を扱う上ではどちらでも構いませんが、ネット銀行の口座が欲しい場合はチェックを入れましょう。

入力が完了したら、申込み手続きをすれば口座開設は完了です。

後編では、実際に入金をして投資をしていく手順と注意点を詳しく解説します。

記事内容がよかったらクリックお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です