1万円から始められる!投資ロボアドバイザーで資産運用を始めよう!

投資初心者にとって、投資知識が必要なく、またコストが低い投資方法を選ぶ必要があります。

今回紹介する投資ロボアドバイザーはそんな投資方法です。

この記事では投資ロボアドバイザーとは?というところから、投資ロボアドバイザーを利用することのメリットとデメリットを初心者にもわかりやすく解説します。

投資ロボアドバイザーとは

投資ロボアドバイザー(以下、「ロボアドバイザー」で統一)はAI(人工知能)が投資家に代わって資産運用や資産管理を行うサービスです。

ロボアドバイザーからの質問に答えることで、各個人に最適な資産配分や投資を自動的に行ってくれます。

THEO(テオ)の質問例

ロボアドバイザーには投資家に提案だけをしてくれるアドバイズ型と、資産運用まで自動で行ってくれる投資一任型の2種類があります。

一般的なロボアドバイザーはアドバイス型が無料で、投資一任型が有料であるケースが多いです。

投資経験者はアドバイス型を、投資初心者は投資一任型を選ぶのがいいでしょう。
以後はロボアドバイザーとは投資一任型を念頭に置いて説明していきます。

投資信託との違い

上記の説明では「投資信託と同じでは?」と疑問に感じる方もいるかもしれません。

投資信託では我々投資家が投資対象を選択するのに対して、ロボアドバイザーでは各投資家に最適な投資対象選択・分配をAIが自動的に決定してくれるので、投資に関する知識が乏しい初心者でも安定したパフォーマンスを出すことが可能になります。

投資先の決定や資産運用が不要

投資ロボアドバイザーのメリット

  • 個人の性格や状況に応じた投資をしてくれる
  • 初心者でもわかりやすい
  • 管理の手間が少ない

それぞれ詳しく解説します。

個人の性格や状況に応じた投資をしてくれる

ロボアドバイザーの最大のメリットは、各個人に最適な投資先に、自動で分散投資をしてくれる点です。

各個人の最適な投資先は、ロボアドバイザーからの質問に答えることでその人のリスク許容度を診断し、それを基に決定されます。

リスク許容度とは、「どれくらい投資元本がマイナスとなっても生活に影響がないか」「どれくらいまでなら投資元本がマイナスとなっても気持ち的/気分的)に耐えられるか」というものです。

みずほ証券

リスクを取るタイプの人(ハイリスク型)は株式が多く、リスクを取りたくない人(ローリスク型)には国債等の債権がオススメされます。

1つの銘柄に投資するのではなく、分散投資をすることでリスクの分散をします。

初心者でもわかりやすい

ロボアドバイザーは投資先の決定から資産運用まで自動で行ってくれるので、投資に関する知識は不要です。

管理の手間が少ない

投資一任型では資産運用までロボアドバイザーがしてくれるので、投資家は運用状況をチェックする必要がありません。

投資ロボアドバイザーのデメリット

  • 短期間で高い利益を出すことができない
  • 手数料がかかる

それぞれ詳しく解説します。

短期間で高い利益を出すことができない

ロボアドバイザーは長期で資産を運用していく保守的な運用方法なので「長期で着実に資産を増やしたい」という投資家に向いています。

ロボアドバイザーは長期運用で利益が増える(引用:ウェルスナビHP)

手数料がかかる

ロボアドバイザーの種類によって手数料は異なりますが、だいたい預かり資産の1.0%が手数料として取られます。

この利率は証券会社の利率より高めですが、「投資先を決定し、資産を配分し、運用する」ところまで一任できるので利便性を重視すれば高い利率ではないかもしれません。

投資ロボアドバイザーの比較

複数あるロボアドバイザーの中で、主要3社が提供するサービス(THEO、ウェルスナビ、楽ラップ)について、利回りを中心に比較していきます。

※利回りは、2018年度の運用実績(各社のウェブサイト)より

各社ともほぼプラスの結果を出していることがわかります。

THEO(テオ)

THEOは世界86の国・地域、1万1000以上の豊富な銘柄の中から、国際分散投資で長期資産の運用を行うロボアドバイザーです。

また主要3社の中では唯一、最低1万円から投資を始めることができます(他の2社は10万円〜)。

ウェルスナビ

ウェルスナビは2019年7月現在、預かり資産総額と申込件数の両方で国内トップのロボアドバイザーです。

海外ETFを含めた8コースの中から、最適なポートフォリオを提案してくれます。海外ETFは投資信託より信託報酬が低いため、費用を抑えることができます。

楽ラップ

楽ラップは楽天証券が提供するサービスで、手数料が預け資産の0.702%(税込)と、低コストで運用できる点が特徴です。

主な投資対象は国内の投資信託なので、為替変動の影響を受けないという利点があります。

どのロボアドバイザーがオススメか

主要3社の中ではTHEOが最低投資単位が低く(1万円から投資可能)、初心者のうちは少額で始めるのが鉄則なので、投資初心者はTHEOを利用しましょう。

記事内容がよかったらクリックお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です